スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ホメオパシーやアロマについて

ホメオパシーの講習会に行ってきました

ホメオパシーはドイツのハーネマンさんが生み出された、自然療法です。
心身ともにその時の状況に合わせて小さい砂糖玉を選んで口に入れます。
私はホメオパシーの専門家ではないので、詳しくないですが、自分と家族のために、本を参考にしながら、時々使っています。
特に、病院に行くまでもないけど、体調が良くないときなど、重宝してます

ただ日本ではまだ知らない方もいたり、以前関連した事件によって叩かれたりと、まだまだ普及してないですが、
イギリス王室の主治医はホメオパス(ホメオパシーの大学を出て、資格をもっている)であったり、
インドの医療は、西洋医学かアーユルベーダかホメオパシーか、と言われてるそうです。そして国によっては、保険がきくとか
広島市でも内科でホメオパシーを扱っていらっしゃる医院があるらしいですよ
ホメオパシーではホメオパスさんにかかって、病気をみていただくこともあるみたいです。

しかし、わが家では、予防や軽い症状に、補佐的に使っていけたらいいかな~くらいの気持ちです。

先日、アロマの講座をさせていただいた時に、ボディスプレーについてのご質問の中に、
肌に炎症があるときは、どんな精油がいいですか?
アトピーには?

というご質問をいただきました。
確かに、ラベンダーやカモミールは炎症を鎮めますし、アトピーにもいいです。
十分に知識を得て、ご自分の納得の上でアロマを使われるのはとてもよいと思いますが、間違った使い方をしてしまったり、その方の肌に合わない場合に、もしかしたら、大変なことになるかもしれません。

ですので、アロマは、リラクゼーションに使うのはもちろんですが、軽い症状の時や、予防として使ったり、お医者さんにかかった上で、補佐的に使われることをおすすめ致します
そして、何をするにしても、その専門家や詳しい人に聞いたり、本を読んだりと、情報を集めることがとても大切ですね

今回のホメオパシーの講演については、また書かせていただきますね
スポンサーサイト
別窓 | アロマ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| Leafさんのアロマとカラーで幸せを呼びましょう |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。